普通救命講習会

ボランティア comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
7月30日(月)、 介護予防サポーター事業の中で、普通救命講習会が行われました。

たくさんのボランティアさんが、午前と午後に分かれ受講しました。

通常生活している中で、前を歩いている方が急に倒れたら・・・

仕事中、隣りの職員が意識をなくしたら・・・

プールで遊んでいる子供が溺れ、水の中に沈んでしまったら・・・

この方たちの命が助かるチャンスをつくれるかどうかは、現場に居合わせた方の「行動」

によって決まります。早い119番、早い応急手当、早い救急処置、早い医療処置

が大切です。これは、救命の連鎖と呼ばれています。(ガイドラインが変わっている可能性あり)

この連鎖をすばやく繋げることで、意識のなくなった方の救命率はぐんとアップします。


真剣に受講するボランティアさんです。

もしものために、心肺蘇生法を学んでおきましょう。

社協にも応急手当普及員が在籍しています。学んでみたい方は、社協まで。



  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM