苔玉

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 久々の苔玉新作が届きました

春蘭・いわまつ・はぼたん・・・

後ろにぽんぽこたぬき

さらにおひなさまが飾られています

社協の窓口に飾ってありますので、皆様立ち寄ってください




陶器のおひなさまです。

新年の苔玉

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 今年最後の寺門さんの苔玉です。
門松があり、新年を迎えるにふさわしい苔玉になっています。

寺門さんの苔玉は、ドールハウスに似ていて、見れば見るほど楽しい作品です

今年も住民のみなさんの力をお借りして、無事終了することができました。

来年も再来年も・・・みなさんと共に楽しい町づくりを進めていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします

見てください。素晴らしいものに仕上がっています。


見ているとうれしくなる作品です。

はなきりん

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 苔玉 はなきりんです。

赤い花と緑の葉の色合いが クリスマスを思い起こさせますね。


葉っぱの器が素敵です。


煙突の上のサンタさん。お花の中に座っています。

やぶこうじ

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 やぶこうじの苔玉です。
7月から8月に花を咲かせ、10月に赤く実が熟します。

別名十両。お正月の縁起物で、昔は高級な植えものだった時期があるようです。

寿限無 の中で「やぶらこうじのぶらこうじ」という言葉がありますが、やぶこうじのことを
指しているそうです。それほど縁起物なんですね。

やぶこうじの下には雪の下という植物があります。

赤い実をつけてるのがやぶこうじです。

きのこのお山

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 苔玉の新作ですきのこのお山。ピンクのお花は、大文字草です。花弁の下の2枚が長く
「大」という字に見えるため、この名前がついたそうです。大文字草には、色・形が違う多くの
種類があります

前から撮りました。

きのこがこっそり後ろに隠れていました。

ピンクのお花をよく見てみると、確かに「大」の字。ひょとすると、私より字が上手
かも・・・

眉刷毛万年青・・・

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 みなさん、上にある題名をなんと読むかご存じでしょうか?見た目は、中国の漢文のような難しい字ですが・・・。植物の名前なんです。マユハケオモトといいます。下に写真を載せておきます。この植物も寺門さんが持ってきてくれました。窓口に置いてあるので、前を通る方は、この花は何ていうの?と必ず立ち止まって見て行きます。
花の形が眉刷毛(マユハケ)に似ているのでついたそうです。さらに、葉の部分が、万年青(オモト)にそっくりなため、マユハケオモトとなりました。万年青は、めでたい植物として知られる多年草とのこと。
眉刷毛万年青は、アフリカ原産の球根植物です。比較的管理が容易と聞きました。みなさんも育ててみてはいかがでしょうか。神秘的な植物です。

いそぎんちゃくみたい・・・


肉厚な葉っぱです。

藤袴

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 ボランティアの寺門さんが、藤袴の苔玉を持って来てくれました。
藤袴は、万葉集では、秋の七草としてあげられています。山上憶良が詠んだ歌に由来するものです。秋の七草・・・萩・尾花(ススキ)・桔梗・撫子・葛・藤袴・女郎花  
乾燥させると桜餅の葉のような芳香を放ちます。以前はお風呂に入れたり、匂い袋にしたりしたようです。

源氏物語でも藤袴の巻があります。


以前は日本でもかなり生育していましたが、最近は減ってきているようで環境省では、
準絶滅危惧種に指定されています。

苔玉

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 ボランティアの寺門さんが苔玉を持って来てくれました。今回は、つわぶきというそうです。
ぱっと見ただけでは、分からないのですが、よくよく腰を低くして見ると・・・・・・・
かたつむり登場

渋い器です。

かたつむり発見!!もちろん本物ではありません。

苔玉 花きりん

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 花きりんという苔玉です。熱帯の植物で、寒さに強く、秋遅くまで花が咲きます。ピンクの部分が全部花に見えるのですが、花の部分は真ん中だけで、あとは苞だそうです。さらにピンクの部分が唇に見えるので、外国ではキスミークイック(早くキスして)と呼ばれるそうですなんて大胆


茎の部分はとげとげで覆われています。熱帯の植物を思わせてくれます。


何となく唇に見える・・・かな黄色い部分が花だそうです。

苔玉 新作

苔玉 comments(0) trackbacks(0) 茨城県城里町社会福祉協議会
 ボランティアの寺門さんがまたまた新作を持って来てくれました
杜鵑草というそうです(ほととぎす)つぼみをもっているので、もうすぐ咲くそうです
楽しみです

杜鵑草です。なかなか読めないですよね。

つぼみです。
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM